「やんばるの森を守りたい」:沖縄・高江 最前線からの報告

11:47

米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭村)の約半分の返還条件として日米両政府が合意したヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事が、東村高江地区周辺で進められている。政府が7月22日に工事を再開して以降、現場周辺では反対する人たちと、全国から集められた数百人規模の機動隊が連日衝突。「やんばる」と呼ばれる沖縄本島北部の静かな森の中で緊迫した状況が続く。「高江で今、何が起きているのか」。最前線から那覇支局・佐藤敬一支局長が報告する。【撮影・丹治重人】

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み