シリア:首都近郊で塩素ガスか 政権側否定(ロイター)

1:33

シリア人権監視団(英国)は7日、シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派の主要拠点、東グータ地区に対する7日の空爆で、子どもを含む少なくとも11人が窒息の症状を示したと明らかにした。救助活動を行うシリア民間防衛隊は、塩素ガス弾が使われた疑いがあると発表した。(共同、映像はロイター)2018年4月8日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み