沖縄慰霊の日: 「平和とは、あたり前に生きること」(共同)

7:11

沖縄全戦没者追悼式では、沖縄県浦添市立港川中学3年の相良倫子(さがらりんこ)さん(14)が、自作の平和の詩「生きる」を朗読した。沖縄戦を生き抜いた曽祖母の体験を聞き、「平和とは、あたり前に生きること。その命を精一杯輝かせて生きること」と考えた。(共同通信)2018年6月23日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み