韓国最高裁: 三菱重工業にも賠償命令 元徴用工訴訟

1:09

戦時中に広島の造船所などで働かされた韓国人の元徴用工5人の遺族らが損害賠償を求めた訴訟で、韓国の最高裁は29日、三菱重工業の上告を棄却し、元徴用工1人あたり8000万ウォン(約800万円)の支払いを命じた2審判決が確定した。元徴用工を巡る訴訟では先月、新日鉄住金(旧日本製鉄)に賠償を命じる判決が確定したばかり。同様の訴訟でも日本企業の敗訴が相次ぐことはほぼ確実になった。(ロイター)2018年11月29日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み