最低賃金の引き上げなど譲歩策 仏大統領がテレビ演説

1:18

フランスで燃料税引き上げへの反発から始まった抗議デモが収束する見通しが立たないなか、マクロン仏大統領は10日、国民に向けてテレビで演説し、最低賃金の引き上げや今年のボーナスを非課税とする方針などを発表した。高所得者への富裕税の再導入は否定したが、大幅な譲歩策を示した形で、15日に予定されている次のデモを鎮静化できるか注目される。政権に反発する「黄色いベスト」運動によるデモが始まった11月以降、マクロン氏が国民に向けて演説をするのは初めて。(ロイター)2018年12月11日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み