辺野古移設・反対派リーダー山城被告、2審も有罪 高裁那覇支部

0:59

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設計画などへの抗議活動を巡り、威力業務妨害など四つの罪に問われた沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(66)に対する控訴審判決が13日、福岡高裁那覇支部であった。大久保正道裁判長は懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年6月)の有罪を言い渡した3月の那覇地裁判決を支持し、控訴を棄却した。山城被告は上告を検討する。【撮影・丹治重人】2018年12月13日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み