強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ

1:50

旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けさせられた障害者らへの救済法が24日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。国家賠償訴訟が起こされた事案で、判決前に被害者の救済法が制定されるのは異例。高齢化が進む被害者の早期救済に一歩前進した形だが、被害者側が求める一時金の額や周知方法と隔たりがあり、全面解決に向け課題が残る。早ければ同日中に施行され、6月末にも一時金支給が始まる。(撮影・遠藤大志、共同通信 写真・川田雅浩、藤井達也)2019年4月24日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み