相模原障害者殺傷事件 植松被告に死刑判決 横浜地裁

0:34

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、利用者ら19人を殺害し、26人を負傷させたとして殺人罪などに問われた元同園職員、植松聖(さとし)被告(30)に対して、横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判は16日、求刑通り死刑を言い渡した。【撮影・松崎進】2020年3月16日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み