「黒い雨浴びた人は被爆者」広島地裁が初の司法判断 原告の訴え認め手帳交付命令

0:41

広島への原爆投下直後に降った放射性物質を含む「黒い雨」で健康被害を受けたとして、広島県内の男女84人が、県と広島市に被爆者健康手帳の交付などを求めた訴訟の判決で、広島地裁は29日、原告らを被爆者と認め、県と市に手帳の交付を命じた。原告らは投下当時、国が援護対象とする区域外におり、手帳などの交付申請を却下されていた。区域外の黒い雨体験者を被爆者と認めた司法判断は初めて。(共同)2020年7月29日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み