東京・明治初期、初の蒸気機関車 「海を走る鉄道」遺構出土 西郷隆盛、陸上ルート反対

2:05

「海を走る鉄道」と呼ばれた日本初の鉄道の遺構が東京都港区で出土した。明治初期に東京湾の浅瀬に土を盛って築かれた堤で、当時はその上に線路が敷かれていた。堤の上を鉄道が走る様子を描いた浮世絵も残されているが、堤の実物が確認されたのは初めてだ。(共同)2021年1月8日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み