カメルーン人男性収容死 国に165万円賠償命令 水戸地裁

0:36

茨城県牛久市の入管施設「東日本入国管理センター」で2014年、収容中のカメルーン国籍の男性(当時43歳)が体調不良を訴えたのに放置され死亡したとして、遺族が国と当時のセンター所長に1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、水戸地裁(阿部雅彦裁判長)は16日、国側に165万円の賠償を命じた。(共同)2022年9月16日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み