イスラエルの砂漠に浮かぶ“平和の島” 民族、宗教超えた平等を掲げるユダヤ人CEOの狙いとは

2:37

プラスチックごみによる環境汚染が世界的に注目される中、家庭用の炭酸水製造器メーカーが売り上げを伸ばしている。首位メーカーのイスラエル企業「ソーダストリーム」は、環境面での寄与に加えて、パレスチナ問題を抱える同国ではまれな「多民族、多宗教の人々が平等に働ける工場」という理念の実現にも取り組んでいるという。【撮影・真野森作】2019年7月10日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み