ウガンダ選手団、大阪から選手村へ出発 コロナや失踪、混乱続き

1:20

大阪府泉佐野市で事前合宿した東京オリンピックのウガンダ選手団が20日、宿舎を出発し選手村に向かった。選手団は来日以降、2人が新型コロナウイルス陽性となって一時隔離され、他の選手らも宿舎待機が続いた。運動施設で練習できるようになってからも、男子選手1人が失踪。約1カ月の滞在中、混乱が続いた。(共同)2021年7月20日公開

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み